過払い金の請求の注意点と時効について

過払い金の請求とは、カードローンやクレジットカードのキャッシングでの借入金の返済で、利息を払い過ぎた時にその分の返還を相手先の金融機関に求めることを言います。
混同されやすいですが、クレジットカードのショッピング枠の場合は、手数料となり利息には含まれませんので、過払い金は発生しないので注意しましょう。

Reutersの専門知識を身につけましょう。

また、返済中に手続きをすると、任意整理扱いになり、信用情報に記載される恐れがあります。



クレジットカードでショッピングやサービスの決済に利用している場合は、異動情報が載る可能性がありますので、利用残高がない状態で手続きをした方が望ましいです。

過払い請求が一般的になってきました。

以前の金融機関は、改正前の出資法の上限金利29.2%を適用していたため、利息制限法による上限金利を大幅に上回っていました。
本来なら借入金額によって違いがありますが、法定金利は15%から20%までを上限としなくてはいけません。

過払い金請求訴訟があり、最高裁で利息制限法を超える金利は違法と認められ、払い過ぎた分の請求があった場合は、直ちに返還するように決定されました。
2006年には国から金利の見直しの法改正が告知され、2010年に正式に改正されました。

その結果、2006年を境に大手の金融機関では、上限金利の見直しが図られました。

過払い金の請求は、返済中は権利が消えることはありませんが、完済後10年経つと時効が成立します。2006年前後に借り入れの契約をした方は、過払い分があるかもしれませんが、時効を迎えているか、期限が迫っている可能性がありますので、早く専門家に相談をする必要があります。

また、相手先の金融機関が倒産している場合は、返還が難しいことがあります。
社名を変更したり、引き継ぎをする金融機関があれば、請求は可能ですので、諦めないようにしましょう。