今話題の小型船舶免許について

小型船舶免許を取ると様々なマリンスポーツを楽しむことができます。1級と2級小型船舶免許があり、資格取得年齢は1級で18歳以上2級で16歳以上です。尚、16歳以上でまだ18歳未満の場合は18歳の誕生日までは5トン限定の制限がつきます。例えば17歳なら5トン制限です。

18歳になると申請手続きをしなくても5トンの制限は自動で解除されます。操縦できる船舶のサイズは1級と2級で違いはありません。異なるのは操縦できる海域で、1級の場合は制限なしです。2級の小型船舶免許であれば、沿岸から5海里の距離が許可されます。

また20トン未満の船舶であれば、操縦が可能です。ただしこの船舶免許鵜では水上ボートの操縦はできません。水上バイクやジェットに関しては、特殊小型船舶免許が必要です。試験は学科試験と実技試験、そして身体検査となっています。

学科の学習のためにオンライン学科講習コースが用意されているスクールもあって便利です。2級船舶免許の学科では、小型船舶操縦者の心得や海上での交通ルール等を学びます。覚えることも多いですが、免許取得のためには必要です。難しい試験ではないので努力することで、多くの受験者が合格しています。

実技はWEBでは学べないので、実地研修を受けると良いです。実技講習では実際に国家試験で出題されるタイプと同じ船舶で練習します。小型船舶の細かい取扱いや操縦の基礎を詳しく学習してから、本試験を受験します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です