小型船舶免許取得のための試験対策とは

小型船舶免許を取りたい時は、まず免許スクールの講習を受けると便利です。国家試験の学科と実技、それぞれに対応した抗議が行われ、スクールによってはオンラインで受講できることもあります。この他に登録小型船舶教習所と言うのがあり、国土交通省の施設です。ここの講習を受けると、修了試験に合格した時点で免許を取ることができます。

もし独学で受験勉強をしたいのであれば、実技だけでも講習を受けておくといいでしょう。実技試験では、免許の種類によってボートまたは水上バイクに実際に乗り、操縦することになるからです。また既に免許を持っていて、他の小型船舶免許を取りたい場合や、2級を持っていて1級を取得したい場合などは、試験が一部免除されます。試験では身体検査も行われます。

検査されるのは視力と色覚そして聴力です。視力は矯正で両眼とも0.5以上あること、色覚は、夜間に船舶の灯火の色を見分けられるかが基準となります。そして聴力は、5メートル以上離れた場所で、普通の大きさの声を聞き取れると合格になります。この場合補聴器を使うこともできます。

それから持病があるとか、身体機能で障害がある場合も、操縦に支障がないとみなされれば免許を持つことができます。小型船舶免許には1級と2級、水上バイク用の特殊小型船舶免許などいくつかの種類があります。また海ではありませんが、湖のバス釣りのための湖川小出力限定免許もあり、まずどれを取りたいかを決めてから、申し込むようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です