小型船舶免許の取得方法:ボート免許教室の場合

小型船舶免許を取得する方法の一つに、民間のボート免許教室を使う方法があります。全国各地に教室を開講している大手の会社があるので、身近な場所で自宅などから通いながら小型船舶免許を取得したい人などおすすめです。小型船舶免許は、正式には小型船舶操縦士免許と呼ばれるもので国家資格です。海で航行を可能にする1級小型船舶操縦士と2級小型船舶操縦士、湖や川限定の2級小型船舶操縦士、水上バイクを操縦できる特殊小型船舶操縦士免許の4種類がありますので、最初にどのような免許を取得するのか決める必要があります。

ボート免許教室は、4種類の学科講習と実技講習を行っているので家から近いところや費用が安いところなどを中心に見つけることができます。仮に、教室による水上バイクのみの場合で自分が取得したい小型船舶免許が2級小型船舶操縦士免許の場合は他の施設を探さなければなりません。その点、民間のボート免許教室は4種類の講習の中から選べるメリットを持っています。ちなみに、自動車やオートバイの免許の場合は、乗り物の大きさや排気量などで区分が行われていますが、小型船舶の場合は操船場所や陸岸からの距離で区分が行われているのが特徴です。

なお、ボート免許教室は国家試験の対策に利用する教室になるので所定の講習を終えた後は国家試験を受験することになります。しかし、独学で学び国家試験を受験するのとは異なりボートの操縦テクにクックなどを見に付けることができるメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です