小型船舶免許のとり方と種類

小型船舶免許には種類があり、それぞれ操縦できる水面の範囲や船の種類が異なります。免許の種類は1級、2級、特殊という3つに分かれます。このうち1級と2級については18歳以上になることで取得出来ます。つまり、誕生日によっては高校生であっても取ることが可能となっています。

早めに取りたい場合には18歳になる前から試験などを受けておき、対象の年齢になったらすぐに発行することをお勧めします。小型船舶免許の取得方法は大きく分けて2つあります。1つ目は受験コースと呼ばれるものです。これは指定の試験機関で国家試験を受験することによって取得するものです。

自分で勉強しなければなりませんが、合間の勉強で合格できる可能性があります。小型船舶免許の国家試験には身体検査、学科試験、実技試験の3つがあり、いずれも突破しなければなりません。2つ目のコースは教習コースです。これは登録小型船舶教習所で一定期間の講習を受講したのち、最後に行う修了試験に合格することで取得できる内容になっています。

教習所にお金を払わなければならないので費用は多くかかりますが、独学よりも基本的には安い費用で抑えることが出来ます。どちらの方法を選んだとしても試験に合格しなければならないことに違いはありません。教習所によって費用や履修スタイルが微妙に異なることもあります。そのため、詳しい情報を確認してからどうやって小型船舶免許を取るのかを決めることをお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です