小型船舶免許で節約できる

小型船舶免許を活用することで、自分たちで船をこいで釣りに行くことが簡単になります。若い人を中心に釣りが流行していることから、船舶免許を取得して利用する人が増えていることも事実です。手漕ぎボートでは免許は必要となりませんが、モーターがついている船に乗る時には必須といえます。乗る時には十分に注意して利用することで、釣り船代を削減して楽しみを増やすチャンスが出てくるのは事実です。

海に近い地方であれば毎月2回以上釣り船に乗るのであれば自分で免許を取得し、ボートを動かしたほうが割安となります。海のない地域などの場合でも、湖で定期的にモーター付きのボートに乗って釣りをする場合には、持っていたほうがいいでしょう。定期的に釣り船に乗るだけでも、1日当たり8千円から1万円前後必要となります。10回乗れば10万円以上必要となる可能性が高いです。

1級小型船舶操縦士の資格を取る時には12万円から15万円前後、2級の場合には10万円前後の費用が必要となります。1年釣りを楽しむために必要となる釣り船代を節約することで、ボートをレンタルするだけで釣りの時に船を利用して好きなところで釣ることが可能です。小型船舶免許を取得すれば船舶代を節約して、良い釣り道具を用意するために使用することもできるため、非常に便利といえます。また、小型船舶免許を持っていることで釣り以外にもマリンスポーツを楽しむチャンスがやってくることもあるため、参考にしてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です