小型船舶免許の種類について

モーターボートや水上オートバイに乗りたいという方には、小型船舶免許の取得がおすすめです。小型船舶免許と一口に言っても色々な種類があります。ここでは船舶免許の種類について説明していきます。小型船舶免許の正式名称は小型船舶操縦士免許です。

小型船舶操縦士免許には1級・2級・特殊という区別が設けられており、それぞれの免許によって航行区域や操縦できる乗り物の重さに違いがあります。1級の免許の航行区域は海岸から5海里を超えた距離です。2級の免許では海岸から5海里までの距離で操縦が可能です。特殊免許の場合は、海岸から2海里までを航行できます。

1・2級の小型免許で乗れるのは、20トン未満のモーターボート・20トン以上で長さ24メートル未満のプレッシャーボートです。特殊船舶免許で乗れるのは水上オートバイに限られます。免許区分をステップアップすることもできます。ステップアップする場合は実技試験が免除されるので、学科講習と学科試験のみで免許を取ることが可能です。

免許を取得できる年齢は1級が満17歳9ヶ月、2級と特殊免許は満15歳の9ヶ月になると取ることができます。免許の取得方法は大きく分けて3つあります。その方法とは、免許スクールに行く・登録小型船舶教習所に行く・独学で勉強することです。独学は他の2つの方法と比べて最もリーズナブルですが、実技試験の難易度が上がってしまいます。

自信がない方は免許スクールに行く方法か、登録小型船舶教習所に行く方法を選んだほうがいいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です