小型船舶免許には3種類がある

船舶免許にはいくつかの種類がありますが、その中でも最も小さな船舶用に設けられているのが特殊小型船舶免許です。この免許は水上バイクやジェットスキーなどと呼ばれる小型の乗り物用に設けられた免許であり、16歳以上で取得することが出来ます。水上バイクについては観光地などで乗った経験のある人もいると思いますが、ライセンス取得者が同情していれば無免許でも乗船することが出来ます。ですが、一人乗りのタイプなどで自ら操縦したいのであれば取得しなければなりません。

海外ではライセンス不要で操縦できる場合もあるので、日本でも同様に考えている人もいるかもしれませんが、国内では法律違反になってしまうので注意が必要です。特殊小型船舶免許以外の小型船舶免許には1級と2級があります。いずれも24m未満で20t未満の船舶を対象としており、1級は18歳以上、2級は16歳以上(18歳未満は5t未満)で取得することが出来ます。1級では100海里全海域での航行が可能なのに対して2級は5海里+水平区域となっているので、世界一周の船旅などを計画するなら1級の取得が必要となります。

小型船舶免許の国家試験では、海上交通のルールや海図でのチャートワークなどが出題される学科試験と基本的な操縦技術や離着岸の方法などが試される実技試験があるので、知識と技術の両方の対策が必要になります。ライセンススクールなどで実施されている教習コースを受講すれば両方の対策が一度に行えますが、最近は実技試験対策のみのコースも登場しているので、取得までの期間や必要な予算などに合わせて選ぶと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です